クモイト・クライマー.com

クモイト・クライマー

冴えない三十路が蜘蛛の糸を昇る過程を綴る 。そして、たまに足を運んだ神社を語る。

金櫻神社(山梨)

金峰山信仰の中心神
f:id:kiclimber:20170817084438j:image

 ◇金櫻神社 旧県社

主祭神 少彦名命 大己貴命 須佐之男日本武尊 櫛稲田媛命

山梨県甲府市御岳町2347

 

名勝昇仙郷を横手に昇仙峡ラインを突き進んだその最奥部に鎮座。

本宮は背後に控える金峰山頂上に鎮座しており、ここ昇仙郷上地に鎮座するのは里宮となっています。

今回は里宮だけで許してくださいな。

登山にはとても強い興味を抱いているのですが、いかんせんクマさんが恐くていまだに踏み込めないのであります。

ちなみに、里宮は他に2つあります。いずれまた。

 

参道 長い階段を上ります
f:id:kiclimber:20170817202257j:image

 

参道途中にある昇龍・降龍の柱

f:id:kiclimber:20170817202620j:image 

 

長い階段を抜けると、開けた境内

そして、朱塗りの広大な社殿

f:id:kiclimber:20170817211411j:image

創建は崇神天皇の時代とのことで古い歴史を持つ神社です。

しかし、昭和30年代に火事で焼けてしまったそうで、見ての通り社殿は新しいです。

 

三間社流造の本殿

f:id:kiclimber:20170817212736j:image

写真では分かりにくいですが、本殿の柱には昇龍と降龍が巻きついています。

親切にも本殿の周囲を歩くことができるようになっていますので、柱の彫刻(昇龍・降龍)は必見です。

ちなみに本殿手前に位置するのが、ご神木の「鬱金の桜」で、金運のご利益があると言われています。

他にも水晶がご神体など特筆事項の多い神社なのですが、個人的には狼信仰の神社である点が印象的でした。

 

そういうわけで狼の護符

f:id:kiclimber:20170818232821j:image

ここ甲斐山間部も狼信仰の信仰圏に含まれるのですね。

そう、当社は日本三御嶽のひとつなのです。

武蔵御嶽よろしく最近は狼信仰の神社が熱い!

 

御朱印

f:id:kiclimber:20170818233307j:image