クモイト・クライマー.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クモイト・クライマー

冴えない三十路が蜘蛛の糸を昇る過程を綴る 。そして、たまに足を運んだ神社を語る。

上大井三嶋神社(神奈川)

大井の宮

f:id:kiclimber:20170418194225j:plain

 ◇三嶋神社 旧郷社

主祭神 大山祇命 事代主命

神奈川県足柄郡上大井331

 

東名高速の大井松田ICを出て、国道255号線を10分ほど走ったあと、

途中で県道714号線にそれていくと、高い木々の生い茂る土地が見えます。

そこが、今回紹介する上大井の三嶋神社。

 

とてもアバウトな説明でかたじけないです。

でもなんとなく分かりにくい場所に鎮座しているのかも。

いや、分かりにくいのは場所ではなく入口でしたね。

広大な境内の割には鳥居が控えめだったため、入口を見つけるのに時間を要しました。

 

参拝当日は氏子の方が集まって境内を清掃していました。

お忙しいところ大変恐縮でしたが挨拶をすると、

一人の氏子の方(総代さん?)を紹介していただくことが出来、

その方が丁寧に神社の説明をしてくださいました。

 

厳島神社(弁天社)といっても社殿は再建中とのことでした。

f:id:kiclimber:20170418201923j:plain

周囲の池の水も抜かれた状態でした。

この間、御祭神の市杵島媛命は本殿に遷座されているそうです。

 

次は、石杵島媛命が遷座されているという社殿

f:id:kiclimber:20170418202539j:plain

写真ですと伝わりづらいかもしれませんが、結構大きい造りです。

f:id:kiclimber:20170418202619j:plain

木々の生い茂る境内に調和した蒼然たる建築物といった印象です。

 

扁額

f:id:kiclimber:20170418203034j:plain

 

薬師如来

f:id:kiclimber:20170418203103j:plain

薬師如来坐像が安置されているそうで、毎月12日に開帳されるとのこと。

 

三島大社のご分霊を源頼朝によって勧請されたのが当社の始まりだそうです。

その後、頼朝は機会あるごとに当社に参拝したようですね。

などといった御由緒については、当社のHPやfacebookからどーぞ。

細かな情報発信をしており、このブログの説明なんかよりも、

ずっと丁寧で、そして勉強になることが記されています。

僕から発信できるのは、御朱印の情報程度ですかね。

 

御朱印

f:id:kiclimber:20170418204201p:plain

 

説明してくださった氏子の方に御朱印のことを申し出ると、

宮司様の奥様と思われる女性を紹介されました。

宮司様は不在とのことで女性の神職の方が対応してくださったのですが、

清掃の途中でありながらわざわざご自宅まで戻って対応してくださいました。

(ということは、やはり宮司様の奥様でしょう)

 

「金額はお気持ちで」のことでしたので、500円玉を渡しました。

すると、奥様は「え?」と受け取るのを躊躇していらっしゃいましたが、

お忙しいなか親切な対応をしてくださったせめてもの御礼です、

と説明して、押しつけがましさを感じつつも奥様に受け取ってもらいました。

ま、実は小銭が500円玉しか無かったという事情も影響していたのかも。

 

御朱印の情報程度しか発信できないと述べましたが、

懇切丁寧に対応してくださった宮司様の奥様や氏子の方々の情報も発信しておきます。

清掃中でお忙しかったとは思うのですが、嫌な顔ひとつ見せず、

僕の無理な依頼に丁寧な対応をしてくださった関係者の皆様に心より感謝です。

心あたたまる参拝にすることができました。