クモイト・クライマー.com

クモイト・クライマー

冴えない三十路が蜘蛛の糸を昇る過程を綴る 。そして、たまに足を運んだ神社を語る。

楊原神社(静岡)

沼津漁港近くに名神大社

f:id:kiclimber:20170211143009j:plain

 ◇楊原神社 式内社 旧郷社

主祭神 大山祇命

静岡県沼津地下香貫宮脇335

 

沼津漁港から車を走らせること10分。

大きな道を1本走っていれば着いてしまうような印象。

住宅街の中にひっそりと鎮座しているため感覚が鈍るが、

実は海からはとても近い場所にあるのだ。

 

扁額

f:id:kiclimber:20170211143238j:plain

 

石垣で囲まれた境内には公園が隣接している。

というか、神社の土地内に公園が建てられているのだろう。

広い面積の土地を有した神社といえる。

 

それもそのはず。楊原神社は式内社でも名神大社

大社ですよ、大社。

近くにある三島大社富士山本宮浅間大社と同等の扱いなのだ。

 

社殿 かっちりとしたコンクリート造り。

f:id:kiclimber:20170211145053j:plain

f:id:kiclimber:20170211150212j:plain

 

社殿の横には、摂社吉田神社

f:id:kiclimber:20170211145201j:plain

疫病から村民を守るために横山続きの峯に創建された。

明治28年にこの地に遷宮されたという。

 

例大祭は楊原神社から1.5㎞ほど離れた海に面した地にある、

大朝神社と共同で行われるそうで、神輿を担いだまま海に入るようだ。

祭神のオオヤマツミは山の神様としての印象が強いが、

でも大山祇神社の総本社は島にあるんだよな。

となると、やはり海神としての性格も併せ持った神様なのだろう。

じゃないと海に神輿が入るなんて話はたまらないよねえ。

 

御朱印

f:id:kiclimber:20170211150201p:plain