クモイト・クライマー.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クモイト・クライマー

冴えない三十路が蜘蛛の糸を昇る過程を綴る 。そして、たまに足を運んだ神社を語る。

春日大社(奈良)

神社・御朱印(奈良)

参道の鹿に注意!

f:id:kiclimber:20170209214400j:plain

  ◇春日大社 式内社官幣大社

主祭神 武甕槌命 経津主命 天児屋根命 比売神

奈良県奈良市春日野町160

 

藤原氏氏神を祀るために創設された神社。

近くには、藤原氏の氏寺でもある興福寺がある。

f:id:kiclimber:20170209215438j:plain

その隣には大仏で有名な東大寺

f:id:kiclimber:20170209230010j:plain

 そう、興福寺東大寺を初めとして、

奈良公園一帯は歴史的建造物の宝庫。

寺社の好きな人にはたまらない街だと思う。

ちなみに俺も夢は奈良県に棲むことだった。

奈良県内への大学進学も真剣に考えた時期があったなあ。

大学受験からやり直したいことばかりだ。

 

はい、そういうわけで春日大社です…ってあれ?

写真がない。

あるのは上記の南門の写真と下記の灯篭の写真だけだ。

f:id:kiclimber:20170209220148j:plain

奥方が写真担当だったことに加え、予定が詰まっていたことから、

ゆっくりと写真を撮っている余裕がなかったのだ。

あとは鹿の記憶しかないね。

 

神使ということで昔から大切に保護されてきた動物だが多過ぎ。

害獣扱いされて駆除されたり、道路に飛び出して事故に遭う、

地方在住のサバイバーな鹿達をこの公園に移住させたくなるね。

途中、口の周りが緑色に染まっている鹿と擦れ違って驚いたが、

おそらく抹茶味のソフトクリームを食べたんだろうな。芝生じゃない。

外国人客からパンフレットを強奪しようとしていた鹿もいたなあ(笑)

 

ちなみに主祭神武甕槌命は茨城の鹿島神宮にも祀られているのだが、

そこからこの奈良の地に呼ばれたときに、白い鹿に乗ってやってきたそうだ。

鹿島神宮の神使も鹿なわけであって、そこで春日大社も鹿という話につながる。

 

鹿いやさ神使の話ばかりになってしまったけど、社殿はいうまでもなく立派。

どこに目を向けても鮮やかな朱色。この朱色にも理由があるようだねー。

 

式年造替を記念した期間限定御朱印を拝受。

f:id:kiclimber:20170209222042p:plain

男性と女性の2名の神職の方が御朱印を担当していたが、

みんな男性の神職の方に殺到していたな。長蛇の列だった。

一方で女性の神職の方に御朱印をお願いする参拝客は皆無。

どちらにするべきか迷う奥方に、俺は「決まってるだろ」と声をかける。

そういうわけで、女性の神職の方に書いていただくことに。

男性の方が額に汗して1枚1枚時間をかけて書いている横で、

女性の方はさらさらさらっ~と、軽々と書き上げて終了。

男性の方が漸く「春」の一文字を記し終えたときには、

女性の方は日付を書き終えていた。両者の速度が極端に異なる。

奥方は驚いた顔をしていたな。え、俺はどう思ったかって?

見ての通り、なんの問題もない。というか、あっさりさも魅力的だよね。