クモイト・クライマー.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クモイト・クライマー

冴えない三十路が蜘蛛の糸を昇る過程を綴る 。そして、たまに足を運んだ神社を語る。

忍草浅間神社(山梨)

忍野八海鎮座

f:id:kiclimber:20170112221934j:plain

 ◇浅間神社

主祭神 木花咲耶姫命

山梨県南都留郡忍野村忍草456

 

正式名称は「浅間神社」。

忍野村の忍草地区にあることから、「忍草浅間神社」あるいは、

忍野八海に鎮座することから、「忍野八海 浅間神社」などとも称される。

 

にしても、何を考えていたのかねえ…

社殿の写真が下の1枚しかない。

f:id:kiclimber:20170112222302j:plain

社殿左側面! 専門家ぶった写真。

だけどこれじゃあ肝心の社殿の様子が分からねえ。

なんでここだけしか撮らなかったんだよ、おい。

 

かろうじて、隋神門の先に社殿正面が見えるが…

f:id:kiclimber:20170112222421j:plain

まァ、チラ見が好みなんですよ。

 

ちなみに、この隋神門に祀られている金剛力士像は、

かの運慶の作と伝えられているらしい。

f:id:kiclimber:20170112225556j:plain

余談だけど、昨年の秋に奈良の東大寺に行った。

まあ、東大寺といえば、やっぱり大仏なのだけど、

その前に「南大門」なる巨大な門で目にするのが、

運慶快慶が造立した阿吽の金剛力士像だ。有名。

今回が初めてではないけど、やっぱり目にしちゃう。

しかし、そのとき意外なことに気がついた。

それは、この金剛力士像を目にしている人が少ないこと。

 

東大寺南大門の金剛力士像の作者は? 答:運慶快慶

嫌になるほどそう教えられた学生が多いと思うのだけど、

その割には運慶快慶の金剛力士像をスルーする人が多かった。

興味ねえよ、って人も多いんだろうけど、それよりかは、

外人の観光客が増えたことが影響しているんだろうな。

 

長くなりました。山梨県忍野村に戻ります。

摂社諏訪神社

f:id:kiclimber:20170112233005j:plain

このように摂社末社が立派なのも特色だ。

 

御朱印

f:id:kiclimber:20170112234000p:plain

社殿には忍野八海の水が8種供えられていた。

そして、公開はされていないけど、御神体は国指定の重要文化財

浅間神社の神像としては最古だという。ここもすごい神社です。