クモイト・クライマー.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クモイト・クライマー

冴えない三十路が蜘蛛の糸を昇る過程を綴る 。そして、たまに足を運んだ神社を語る。

諏訪大社 上社本宮(長野)

神社・御朱印(長野)

信濃国一之宮

f:id:kiclimber:20170102091916j:plain

 ◇諏訪大社 上社本宮

主祭神 建御名方神 信濃国一宮 名神大社官幣大社

長野県諏訪市中州宮山1

 

諏訪の神社には大体「御柱」が4柱建てられている。

というわけで、境内にある御柱4柱の捜索を開始。

①一之御柱

f:id:kiclimber:20170102094730j:plain

②二之御柱

 f:id:kiclimber:20170102094828j:plain

③三之御柱

f:id:kiclimber:20170102094950j:plain

④四之御柱

f:id:kiclimber:20170102095016j:plain

一と二の御柱は境内の正面に位置しているので見つけやすい。

しかし、三と四の御柱は拝殿の裏手に位置しているため見つけにくい。

 

この「御柱」が建てられている意味は明らかにされていないようだ。

個人の意見としては、諏訪の土着神ミシャクジが境界線の神であることから、

御柱は標識や境界を示すためのツールのような印象を受けた。

ハイ、出鱈目スミマセン。でも、依代だったら4本も必要ないと思うよ。

 

神楽殿 諏訪の神社に共通していえることは、神楽殿の異様な大きさ。

f:id:kiclimber:20170102095724j:plain

拝殿

f:id:kiclimber:20170102095756j:plain

拝殿の背後に本殿はない。御山が御神体となっている。

大神神社と同様に自然神信仰のかたちが残っている。

実は上社本宮が一番質素な印象を受けなくもない。

 

御朱印

f:id:kiclimber:20170102100739p:plain