クモイト・クライマー.com

クモイト・クライマー

冴えない三十路が蜘蛛の糸を昇る過程を綴る 。そして、たまに足を運んだ神社を語る。

北東本宮小室浅間神社(山梨)

あの『宮下文書』と関わりの深い神社

f:id:kiclimber:20161229234347j:plain

 ◇北東本宮小室浅間神社 旧指定村社

主祭神 木花開耶姫命

山梨県富士吉田市大明見2丁目1番1号

 

小室浅間神社富士吉田市内にもう一社ある。

そのため、こちらは大明見浅間神社とも呼ばれる。

 

拝殿

f:id:kiclimber:20161229234851j:plain

由緒は崇神天皇六年に富士山噴火の鎮護をしたことに始まるそうだ。

これが2100年以上も前になるというので、偉く長い歴史を持つ神社。

そして、あの聖徳太子が来て改称したとの話もあるからやばし。

 

本殿については桃山時代の建造とのことだ。

f:id:kiclimber:20161229235849j:plain

 

拝殿内部。綺麗に整えられている。

f:id:kiclimber:20161229235934j:plain

この日は宮司様と氏子の方々が七五三の準備をしていた。

準備をしても肝心の七五三が来なくて…と嘆いておられたが、

俺は過去にこの神社に足を運んだことがあり、そのときは無人だったんだよな。

 

そして、ようやく拝受できた念願の御朱印

f:id:kiclimber:20161230000358p:plain

 

ちなみにこの神社にはあの『宮下文書』が宝物として保管されているという。

「小室」というと、どうしてもglobeのあの人を思い出してしまいがちだが、

どうやら『宮下文書』の中で「小室」が多用されていたことが、

この神社名に関係しているらしいね。LOVE AGAINだな。

 

え、『宮下文書』って?

富士山麓に高天原王朝があったと主張する超古代文献だ。

一般的には偽書といわれているが、真実は分からないよね。

この地域は徐福伝説も残っているので調べるとディープだったりする。

 

そういうわけで2016年の更新は本日で終了。

今年は神社との出逢いに恵まれた年となりました。

来年も飛躍しましょう。DEWA!