クモイト・クライマー.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クモイト・クライマー

冴えない三十路が蜘蛛の糸を昇る過程を綴る 。そして、たまに足を運んだ神社を語る。

新屋山神社 奥宮(山梨)

神社・御朱印(山梨)

標高1700Mに鎮座する金運神社

f:id:kiclimber:20161228214156p:plain

 ◇新屋山神社奥宮

主祭神 大山祇大神

山梨県富士吉田市大字上吉田字侭5615番

 

本宮、新屋山神社の奥宮。

市街地にある本宮からは大分離れている。車で30分は走るんじゃないかな。

そう、驚くことに鎮座する場所は、富士山二合目。

二合目といっても富士スバルラインから登るのではなく、

狭い林道(といっても舗装はされている)を登っていくと途中で見つかる。

冬季は閉鎖されるそうなので、冬の参拝は厳しいかもしれぬ。

 

f:id:kiclimber:20161228215038j:plain

社も境内も意外に小ぶりだった。

しかし、『不思議に諸願が成就し神徳顕著もって往古から知られ県内外、遠近より数多の崇敬者が参拝に訪れる』と由緒書に記されているとおり、

平日にも関わらず参拝者が多くいた。富士山二合目にだぞ!

 

そして、特色はこれなんですかね。

f:id:kiclimber:20161228222138j:plain

環状列石。

所謂、パワースポット。

このように異彩を放つ神社なので評価や好みはさまざまだろうけど、

俺は金運効果はあると思うな。参拝後、多少は生活に変化が生じた気がする。

となると、御礼にいかなければならないわけだが。

 

ちなみに、話は変わるけど、奥宮に行く林道は滝沢林道というのだけど、

4合目まで続いているようで、ロードバイクのトレーニングには最適かも。

無料だし綺麗に舗装されており、車の走行も少ない。

 

しかし、難点がひとつあって、それは熊が出るらしいこと。

そもそも富士山に熊って生息しているんだあ、と驚いたが、

麓の方まで顔を出すなど結構多く生息しているみたいだ。

というわけで、熊に追いかけられても逃げきる自信のある人は是非。

そういう俺はちゃっかりスバルラインで5合目まで挑みましたとさ。