クモイト・クライマー.com

クモイト・クライマー

冴えない三十路の神社紀行

檜原神社(奈良)

第一の元伊勢「笠縫邑」有力地

f:id:kiclimber:20161223200720j:plain

 ◇檜原神社 式内社 大神神社摂社

主祭神 天照大神若御魂神

奈良県桜井市三輪1422

 

注連石の先には…
出た、三ツ鳥居!

f:id:kiclimber:20161223200754j:plain

 左手に顔を出すのは、豊鍬入姫宮。

 

山辺の道沿いにあるこの神社には社殿がない。

もともと天照大御神は皇居内に祀られる「同床共殿」の状態だったのだが、
祟神天皇の時代になり、「それって気まずいよね」という話になり、
皇居を出ることになった。そして、豊鍬入姫宮に祀られた最初の場所が、
「倭の笠縫邑(かさぬいむら)」とされる。つまり、第一の元伊勢。

 

この伊勢神宮の原型といえる伝承地は複数あるのだが、
その中でもここ檜原神社は元伊勢の有力地とされる。
天照大御神の最初の仮住まいだったといわれる地だ。
そのためか、伊勢神宮と同様に爽やかな印象を残す神社だった。

 

ちなみに、この元伊勢。調べるとじつに興味深い。
他の伝承地では、飛鳥坐神社に足を運んだけど、
少なくともこの一社と比較すれば、檜原神社の方が
元伊勢っぽい印象(テキトー)を受けた。
てかさ、元伊勢でなければ、どうして現在に至るまで
社殿が造られなかったわけ、って話にもなるじゃない。

 

にしても、元伊勢は卒論などに適した題材ではないか。
大学時代からやり直したいね。

 

御朱印

f:id:kiclimber:20161223200829g:plain

豊鍬入姫宮の御朱印も授与できるとの情報を得ていたが、
金銭事情により断念。300円を出すのも苦しい貧民もいるのです。
それでも奥方からの理解は得ている方です、ハイ。